痩身について考える

痩身について考える

痩身について考える

生活環境で、あなたの力ラダは変化します。

 

美しい姿勢を心得ましょう。

 

痩身に、ついて考えいきましょう。

 

スタイルも含めたボデーに関する苦労の種は、お腹が出てきたり、

 

お尻がたれてきたりたというものですが、

 

とくに写真や映像で見た自分の姿に、愕然とされる方が多いですね。

 

たとえば、夏休みにみんなで旅行にいきますよね。

 

知らない間に写真を撮られて、「誰?このおばさん体型」と思ったら私だったとか、

 

座っている所を横から映像にとられていて、現状に気づくわけです。

 

スナップ写真や映像を他人の目で見て、「エステに行こうと決意した」と来店されるお客さんは多いです。

 

年齢を重ねれば、背中など落ちにくい部分に肉がつきますが、
身についてしまった普段の癖も、実を言えば太りやすくなる大きな原因です。

 

骨盤が開くと太りやすくなるといいますよね。どうしてだか知っていますか?

 

骨盤が開いて内臓が下がって腸を圧迫する事があり、

 

内臓機能の低下を招くので、太りやすくなるといわれているのです。そればかりではありません。

 

内臓が下がるとリンパの流行が悪くなり、セルライトがつきやすくなるのです。

 

ここで、リンパこついても少しご説明しましょう。

 

リンパというのは、主に排泄能力と免疫機能の2つの役柄を持っていて、

 

体の中の邪魔な廃物や疲労物を回収し運び、体外に排出するのです。

 

この流れが悪くなると、いらない水分や大便がたまり、むくみやたるみ、冷、肩こりなど、いろいろな兆候が出てきます。

 

骨盤が開いて内臓が下がると、足の根っこの「そけい部」にあるリンパの流れが悪くなり、
周りに老廃物や水分がたまりやすくなるため、

 

下腹が出たり冷たくなったりします。それが原因で、下半身のセルライトはできやすくなるのです。

 

子供を産むがない男子と違って、女の子は骨盤が動くようにつくられているゆえに、
骨盤は開きやすいので、骨格を整えていくことがポイントです。

 

イスに座る時に横座りをしたりしていませんか?その時に足を組んだり畳や床に座る時にゆるやかに、
骨格がゆがみだし、開いたりしてしまうのです。

 

小さい頃は、ゆがんだ骨格を寝返りで直すカを持っています。

 

ですが大人になると、寝ときの状況やストレスなどによって寝返りをほとんど打たなくなって、戻せなくなるのです。

 

起きている時間の変な癖からO脚になってしまったり、
履きにくい靴やヒールを無理して履いて姿勢を悪くしてしまったりすることもあります。

 

日常生活での心得は、実はボディラインと大きく関係しています。

 

ですからいつも同じ座り方をしないように、心して普段の生活を送ることも重要です。

 

ボディ、体型は、普段の生活のなかにストレッチを取り入れるという事でも、かなりと違ってくるのです。

 

誰かに見られていることを、意識していきましょう!通常からの心得も肝心です。

 

たとえば座り方が綺麗な人がいますよね。周りからはとてもとてもに見えますが、

 

姿勢を正し椅子に浅く腰掛けていつも同じのポーズをつくっておかなければいけないので、本人はとてもつらいのです。

 

反対にだらしない姿勢をしている時は、少しみっともなく見えるけれど本人は楽でしょう?

 

ですからプロモデルなど、私たちが見て綺麗だと思う人は、ステージや撮影などに備えて、
背筋を伸ばす、伸ばすと腹筋にカが入るから筋肉を使う、ずっとそういう特訓をしてしるから綺麗なんです。

 

このように意識する習慣をつければすこぶる違ってくると思います。

 

たとえば1日に5分でも姿勢を正しくする習慣をつける、きっちりと鏡を見る、ああいった事を考え直すだけで、

 

結構変わってきます。腹筋もつき、ウエストサイズも変わるほどです。

 

日頃のお掃除でも背筋を伸ばす事を考えるとか、外出したときに、モデル気分で歩くだけでもいいのです。

 

歩き方でいえば、このところ、股関節で歩かなくなっている人が多いといいます。

 

足先だけで歩くから、よく躓くようになるのですが、
それを股関節から安定して動かして歩くようにするだけでも、身体は変わってくるものです。

 

それに見た目も颯爽としていて、綺麗じゃないですか。

 

これもよくいわれる事ですが、ある人とない人で変わってきますよね。

 

芸能人でも、デビューした頃はパッとしないけれど、
人気者になると綺麗になってみんなに見られているうさらに美しくなっていくとか。

 

これはたとえ話ですが、もしも突然初恋の人と会ったとしても恥ずかしくないような私でいよう、
というよな意識を持っているといいのではないでしょうか。

 

サロンにいらっしゃるお客さんにも、座り方とその癖、そうして姿勢を直すようにアドバイスします。

 

どういういう癖があるのか、それを知るのにエステティシャンは、お客さんの靴の裏面を拝見する事があります。

 

かかとの減り方にO脚・内股、歩き方の癖などが現れるからです。

 

また、カを抜いて自然に仰向けに寝た時の足の広げ方をみる事もあります。

 

そうすることで骨盤の正確な位置付けや状況がわかるからです。

 

これらを組み合わせて、同時にいろいろな日頃の癖を見つけていきます。

 

そうすると、ボディラインではない所での悩みを解消する糸口を見つける事ちあります。

 

たとえば首のシワを気にしている方がいますが、話を聞くと、そんな方ほど高い枕で寝ているのですよ。

 

くわえて枕が合わないせいで寝苦しく、寝ている時にも眉間にシワが寄ってしまうのです。

 

そんなふうに自分自身でシワをっくっている事もあります。

 

こういったことを見つけるためにエステティシャンはコミュニケーションに力を入れています。

ホーム RSS購読 サイトマップ